AT FIRSTはじめに

3MINUTES3分でわかるOBC

01OBCのビジネス

企業に欠かせない基幹業務を効率化。
社会の変化を敏感に察知し、
お客様に寄り添ったサービスを提供する。

基幹業務を効率化するためのソフトウェア
「奉行シリーズ」を
提供している
ソフトウェアメーカーです。
また、ソフトウェアの開発・販売だけでなく、
製品導入後の保守契約や製品活用のための
インストラクターサービス等、
既存のお客様に対してのストックビジネスで
安定した収益を生み出しています。

製品ラインナップ

基幹業務をサポート

企業の経営に⽋かすことができない「ヒト・モノ・カネ等」の管理を効率化。業務を効率化することで、企業の「⽣産性向上」をサポートします。

関連業務をサポート

社会の変化に合わせて、従来の基幹業務の範囲を超えた様々な関連サービスも充実させ、企業の「働き⽅改⾰等」を後押しします。

パッケージソフトウェアからクラウドサービスへ

パッケージ型ソフトウェアとして地位を確立してきた「奉行シリーズ」ですが、最近は時代やIT環境の変化に合わせて提供スタイルも多様化し、クラウドサービスベンダーとしても注目されています。

奉行クラウド

02壮大な事業フィールド

日本企業の99.8%を占める
中堅・中小企業を支える。
その壮大な事業フィールドを持つ優位性。

日本国内における企業の割合

大企業と分類されるのは、わずか

0.2%

中堅・中小企業

99.8%

基幹業務が担うのは、
企業に欠かせない3つの資産。
だから、「基幹業務」という領域は
絶えずニーズに溢れている。

基幹業務システムでサポート

035つのコアコンピタンス

“選択と集中”で事業を拡大。
5つの戦略が、他社との違いを際⽴てる。

core competence 01

企業の基幹業務にフォーカスする

個人向けではなく、企業向けのソフトウェアに特化し、どの会社にも存在する基幹業務(ヒト・モノ・カネ)の効率化に貢献する製品群を展開しています。

core competence 02

中堅・中小企業にフォーカスする

日本企業全体の99.8%を占める中堅・中小企業をメインターゲットに販売します。

core competence 03

Microsoftのテクノロジーに
フォーカスする

日本企業のIT環境として主流であるMicrosoft社の技術に特化。技術提携によって、OSや開発環境の変化にスピーディに対応。Microsoft製品に対する高い技術力や豊富な実績は、社外からの評価も獲得しています。

core competence 04

パートナーシップ戦略

事務機器系企業やSler、会計事務所など全国3,000社の企業とパートナー契約を締結しています。
販売チャネルとマンパワーを増やし、日本全国の企業へアプローチします。

core competence 05

「奉行」ブランド戦略

CMや展示会、セミナーなどの各種媒体を通じて「奉行シリーズ」をアピール。イメージ形成・認知度アップにより、導入を促進します。

04圧倒的なシェア

高い商品力ときめ細やかな対応で、
業界トップクラスの圧倒的シェアを確立。

導入シェア

No.1

導入シェアNo.1
累計導入実績

63万社

顧客満足度

No.1

顧客満足度調査2019-2020
ページトップへ戻る