INTERVIEW-03 SYSTEM CONSULTANT

新しいことにチャレンジして成長し続ける
  • システムコンサルタント
  • M.T.
  • 営業本部 東京第二支店
    2016年入社 | 経済学部

PROFILE

規模の大きな仕事ができることに魅力を感じ、BtoBビジネスに興味を持つ。無借金経営といった財務状況の良さ、利益率の高さなど、ビジネスモデルがしっかりしていることからOBCにエントリー。印象に残っているのは、先輩社員の「頑張る裁量を自分で決められる」という言葉。

QUESTION-01

OBCの営業について教えてください。

OBCでは、パートナー企業を通じて製品を提供する「間接販売」を行っています。そのため、私たちは、パートナー企業に対して販促活動を行い、当社製品を自分たちのお客様に紹介することで、さらなる利益を得ていただくことを最大の目的としています。そこで、既存のパートナー企業には、法改正にまつわる情報や他社事例などをお持ちして、パートナー企業が営業しやすい資料づくりのお手伝いをしたり、当社製品の導入の検討段階に入ったときには一緒に訪問し、デモンストレーションを行ったりしています。一方で、パートナー企業の新規開拓も大事な役割。当社製品を使うことでビジネス領域が広がる、ということを軸にパートナー企業の拡大を進めています。

QUESTION-02

仕事をする上で
大切にしていることは何ですか?

パートナー企業とWin-Winの関係でいることです。営業としては当社製品をお勧めしてほしいのですが、そこには、パートナー企業のビジネス領域を広げ、利益向上・業務改善に貢献したいという理由があります。それらの想いを忘れず、当社製品の押し付けにならないように注意しています。社内に対しては、素直でいることを大切にしています。当社の上司や先輩は、私たち若手の意見であっても頭から否定することはありません。受け止めて、それぞれの考え方や背景をくみ取った上で、間違ったことは指摘し、正しい方向へ向けるようアドバイスをしてくれます。そういったときに、先輩の意見を素直に聞くことができなければ、自身の成長にもつながらないと思っています。

QUESTION-03

うれしさや、やりがいを感じたのは
どのような瞬間ですか?

長野県担当になってからのことですが、県内有数の企業がグループ全体で当社製品を導入してくださり、パートナー企業と一緒に喜びました。今までの営業活動の中で一番大きな案件だったのですが、ここまでの規模は初めてだったので反省点も多くありました。ただその時、上司が最後まで丁寧にフォローしてくれ、「頼ってもらうために上司がいる」ということを背中で見せてくれたのは、感謝するとともにうれしさを感じました。また、お客様から「Mさんだったから良かった」という言葉をいただいたことも嬉しかった出来事の一つです。競合製品との比較検討の際に、私という営業担当者が決め手となり選んでいただけたこともあり、営業冥利に尽きました。担当変更時には「Mさんが訪問してくれたから、OBC製品を知る機会ができた。おかげでビジネス領域が広がって、営業も数字を上げられるようになった。また担当してほしい」と言っていただき、やりがいを感じました。

DAILY SCHEDULE

1日のスケジュール

8:40
出社パートナー企業との打ち合わせ前に、
メールチェックや資料確認などを行います。
10:00
打ち合わせパートナー企業のもとに訪問し、
ビジネス協業に関する打ち合わせ。
11:50
ランチ
12:50
訪問パートナー企業とともに、
お客様先へ訪問し、
デモンストレーションや商談を行います。
16:00
社内作業帰社後、見積作成や商談の振り返り、
翌日の商談や打ち合わせ準備などを行います。
17:45
退社

CHALLENGING

これから挑戦したいこと。

大きな案件で段取りや手際が悪く、周囲に頼りきってしまうことがあったので、自分1人で完結できるように営業としての能力を高めていくことが当面の目標です。中長期的には、私が憧れている上司のような人間になりたいですね。その上司は、人生において早い段階で出会えて良かったと思える方。私もそんな人材になって、後輩育成においても会社に貢献していきたいと思っています。また、営業内で勉強会やイベントのプロジェクトチームを作っていますので、私も自ら何かを立ち上げるなど、新しいことにどんどん挑戦していきたいです。

  • ENGINEER
  • 02
  • T.A.
  • INSTRUCTOR
  • 04
  • S.Y.
ページトップへ戻る