CAREERキャリアについて
システム
エンジニア
  • CASE01
  • A・T
    1997年入社
システム
コンサルタント
  • CASE02
  • K・A
    1998年入社
インスト
ラクター
  • CASE03
  • T・A
    2006年入社
マーケ
ティング
  • CASE04
  • K・T
    2009年入社

成長を支えるキャリア支援制度

OBCでは、社員の成長をサポートする
様々な制度を整えています。

自己申告制度 自己申告により別の職種へ異動が可能。
社員一人ひとりの志向に応じたキャリアを
実現することができます。
資格取得支援制度 業務への有効性が認められた場合、
費用を会社が全額負担します。
産休・育休制度 産休・育休取得率は100%で、復帰率も100%。
時間短縮勤務制度などを利用し、
ワークライフバランスをとりながら
働く社員もたくさんいます。
勤続表彰旅行/
社内表彰制度
勤続年数に応じた表彰や
モチベーションアップのための報奨旅行も
実施しています。

キャリア事例

OBCにはさまざまな職種があります。
本人の希望や適性を考慮した上で、
活躍フィールドを広げることができます。

CASE01
企業の根幹を担う
サービスを生みだせるような、
リーダーを育てていきたい。
  • A・T
  • 開発本部 ACチーム
    プロジェクトリーダー
1年目〜
システム
エンジニア
お客様からの信頼によって、
プレッシャーがやりがいに
お客様からの信頼によって、
プレッシャーがやりがいに

入社してすぐに担当したのは、当社の主力製品である勘定奉行。利用されているお客様が何十万といる看板製品を背負う責任から、開発することの重圧に押し潰されそうになったこともありました。しかし、それを受け入れる勇気を持てたきっかけは、システムコンサルタントに同行して商談の支援をした際に、お客様から直接頂いた「全面的に信頼している」という言葉です。その瞬間、責任はただの重圧ではなくなりました。

6年目〜
プロジェクト
リーダー
自らの企画がついにプロジェクト化。
地道な努力に成果はついてくる
自らの企画がついにプロジェクト化。
地道な努力に成果はついてくる

新しいプロダクトの企画に立候補し、数人のチームで作り上げた「BACKUP奉行」。とにかく新しい技術を取り込み、新しい仕組みを構築することを目指して、がむしゃらに設計、実装、テストを行った結果、1年でリリースまでこぎつけました。地道に続けることで必ず突破口があると感じ、共感してくれるメンバーがいれば成果は出るということも学びました。

16年目〜
開発責任者
これからの責務は、
プロジェクトリーダーの育成
これからの責務は、
プロジェクトリーダーの育成

現在は、会計税務全般のプロジェクトリーダー兼、奉行クラウドの開発責任者を担っています。責任者となった今、私たちが開発したサービスが、企業の根幹を支えるサービスとなっており、「社会のインフラとして市場に浸透している」ということを日々実感しています。OBCには、やりたいことを明確に持っている人にチャンスを与えてくれる環境があるため、今後は、活躍できるプロジェクトリーダーの育成に注力していきたいと思っています。

CASE02
マネージャーとしても、
スペシャリストとしても、
高みを目指し続ける。
  • K・A
  • 営業本部 東京第二支店 支店長
1年目〜
仙台営業所
システム
コンサルタント
苦労の中にある、確かなやりがい
苦労の中にある、確かなやりがい

製品については日々勉強することで知識をつけることができましたが、実務については無知でした。パートナー企業やお客様と対話する際、専門用語や業務フローが分からずに苦労しましたし、勉強会や商談時に苦い経験を何度もしました。ですが、やりがいもありました。当時は、Windows95をリリースして間もない頃だったので、手書きで業務を行っている企業が多い時代。当社製品を導入後、多くのお客様に業務負担が大幅に軽減したと喜んでいただけたことは、今でも覚えています。

9年目〜
ERP
ソリューション
推進室
新しいことに挑戦する毎日が
楽しかった
新しいことに挑戦する毎日が楽しかった

中小企業への提案がメジャーだったOBCが、大手中堅企業に対して提案をしていくための「奉行V ERP」を新たにリリース。私に課せられたのは、「奉行V ERP」を展開できる新規パートナーの開拓でした。社内でも大手中堅ユーザーを対象にしているパートナー企業の攻略法は確立されておらず、すべてが手探り状態。やることすべてが新しく、チームメンバーと試行錯誤していく日々はとても充実していました。

14年目〜
札幌営業所
所長
マネジメントするために、
まずはメンバーのことを知る
マネジメントするために、
まずはメンバーのことを知る

北海道の支店責任者として着任。これまでシステムコンサルタントの中での管理職でしたが、初めてインストラクター、営業推進など、システムコンサルタント以外のメンバーのマネジメントが必要となりました。システムコンサルタントへは経験をもとに適切なアドバイスができても、他の職種については経験がないので、アドバイスできることは限られていました。そこで、まずは「相手を知る」ということを念頭に置き、部下と多くの対話をすることを心掛けるようにしました。その結果、それぞれの職種の業務内容を理解するとともに、広い視野で物事を判断する意識が強まりました。

19年目〜
東京第二支店
支店長
メンバーの能力を最大限に伸ばす、
それが自分のミッション
メンバーの能力を最大限に伸ばす、
それが自分のミッション

現在は、東京、千葉、茨城、長野、山梨を管轄する東京第二支店の支店長を任せてもらい、多くのメンバーと一緒に仕事ができています。新人からベテラン、商談能力に長けた人、アライアンス能力に長けた人、行動力のある人、サポート力のある人など、さまざまなメンバーが在籍しているので、それぞれの優れた能力をさらに引き出すことを第一に考え、楽しい職場を形成できるマネージャーでありたいと思っています。また、現場志向のスペシャリストとして、私個人の価値も高められるよう、日々自己研鑽していきたいですね。その先に目指すべきキャリアが描けると信じています。

CASE03
女性として、インストラクターとして、
最大限のできることを。
  • T・A
  • 営業本部 東京支店
    インストラクターグループ
    サブグループ長
1年目〜
インストラクター
お客様を身近に感じることができる、
インストラクターに
お客様を身近に感じることができる、
インストラクターに

入社後、インストラクターに配属されました。当時訪問指導を担当していた企業で、お客様からお昼ご飯に手料理を振舞っていただいたときがあり、家族のような温かい対応に感動しました。お客様を身近に感じることができ、直接感謝の言葉をいただけるのが、インストラクターの醍醐味だと思います。

7年目〜
サブグループ長
プレイングマネージャーとして、
後輩達の道しるべになりたい
プレイングマネージャーとして、
後輩達の道しるべになりたい

グループメンバーの支援や教育を行う「サブグループ長」を任せていただき、東京のインストラクターの1グループを担当。規模の大きいお客様や難しい案件の指導を担当する傍ら、若手インストラクターの育成のために、定期的にインストラクター同士の情報共有や勉強する場を設けたり、後輩の指導に同行したりしています。今後もインストラクターとして現場に出たい気持ちもありますが、若手の育成にも注力し、プレイングマネージャーとして後輩達の手本となっていきたいです。インストラクターは女性が多い職種となるため、メンバーが仕事と家庭を両立できるような職場環境づくりにも貢献してきたいと考えています。

CASE04
ワーキングマザーだからといって、
やりたいことを制限したくない。
  • K・T
  • 営業本部 マーケティング部
1年目〜
インストラクター
「インストラクター」として
評価されるやりがい
「インストラクター」として評価されるやりがい

入社後最初に配属されたのは、当初の希望通りインストラクターでした。数多くのお客様の導入支援を担当させていただき、業種・業界を飛び越えてさまざまな方々と出会い、その企業の経営に携われることがインストラクターとしてのやりがいでした。無事製品の導入設定が完了し、お客様から「Kさんに来てもらえてよかった」という言葉をいただくときが、非常にうれしい瞬間だったのを今でも覚えています。

7年目〜
約2年間、
産前産後休暇・
育児休暇を取得
約2年間、
産前産後休暇・育児休暇を取得
9年目〜
マーケティング部
ユースウェア支援室
※9:30~16:30の
時間短縮勤務
ママでも、
新しいことにチャレンジできる環境
ママでも、新しいことにチャレンジできる環境

復帰後は、インストラクターが行うセミナーの企画からフォローまでを担当する部署に異動しました。小さい子どもがいるので、外出が多くお客様とのアポイントありきで動くインストラクターを続けることに不安があった私に、会社が提案してくれた職種転換でした。まさに、インストラクター時代の経験や知識が役立ち、ワークライフバランスも取りやすい仕事です。「いかに育児と仕事を両立させるか」という点は大きな課題ですが、OBCには、子どもが体調不良のときや仕事が思うように進まないときも、周囲が助けてくれる環境が整っていたので、安心して育児と仕事に取り組むことができています。今後も育児と仕事を楽しみながら、さらなるキャリアアップを目指していきたいと思います。

ページトップへ戻る